【Photoshop】写真を任意のサイズに切り取り、ファイルサイズを落として保存する方法とは

土曜日ですねー。

病棟は、落ち着いています。

そこで、今回は趣向を少し変えて、

当ブログでもお世話になっている、Photoshopの使い方の一つを紹介したいと思います。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

Photoshop CC で、写真を編集するには?

ブログ用に、写真を撮っても、

それをうまく、ブログに載せるには、少しコツがいると思っています。

一つは、写真のタテ・ヨコのサイズ。

もう一つは、写真のファイル容量。

ブログのアイキャッチは、1:1が多いですね。

そこに、10 MBの容量の写真なんて、必要ないです・・・

Photoshop CC だけあれば、一連の作業が全てこれだけで作成できます。

この方法を、少し紹介します。

ファイルを開き、

写真をカット(ショートカットは c )し、

ファイルサイズを変更し(上記のmovieでは、1辺 500 px)、

軽く装飾し、

書き出し(web用に保存)を選択。

jpegの「ファイルサイズ低」で保存するのです。

PhotoshopやIllustratorは、

医師でも、論文作成や、ポスター作成、色々な企画書の作成などに、

必要な技術です。

わたしも、大変お世話になっているソフトたちです。


スポンサーリンク
レクタングル(大)