伝言ゲーム

耳が痛い評判ほど、早く広まるものですけれど・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)

誰が正しいの?

病院では、アンケートをよくおこなっています。

今回は、苦情が病院に届きました。

ただし、それを直接知ることができるのは上層部だけであって、

下々には、「苦情が来ていたらしい」ということしか分かりません。

今回、後輩がトラブルに直接巻き込まれました。

そのとき、私が偶然近くにいたため、

ある程度、後輩から話を聞いていました。

後輩「先生、実は、A病院に絡んだややこしい事件が起こってて・・・今、直接、そのことで院長から連絡がきました。『A病院から苦情が来てるぞ!』って。でも、A病院も、今回の対応はちょっとどうなの・・・って思うところもあるのです。実は・・・」

うーん、なるほど。

後輩から聞いた話では、たしかに、A病院の行動はやや行き過ぎとも思いました。

院長も、そこまで問題にしなくてもいいのになあ・・・

なーんて、思っていましたが・・・

先日、院長が看護部長たちと立ち話をしているところに遭遇したのです。

看護師長B「院長先生、例のA病院の事件ですが・・・」

院長「あれ、私は怒っているのです!ちょっと会えば済むだけじゃないですか?それを『ムリ』って、なんでそんな対応したのですか?!」

ん?あれ?

私が後輩から聞いた話では、

A病院の態度がちょっと行きすぎと思っていたけれど、

なんだか、院長の話では、

こちらの対応が悪い、みたいに話してる・・・

院長「A病院は、面会の希望を言ってきただけなのですよ。それを『無理!無理!』の一点張りだったら、それは、A病院も困ると思うのですよ。もっと誠意ある対応を・・・」

うーん・・・

詳細は、後輩と院長しか知らないはずだけれど・・・

どちらも、直接関わった当事者たちなんだけれど・・・

なんで、言ってることが違うのだろうか・・・

そして、

後輩の話を聞いた人は、それを伝言していき、

院長の話を聞いた人は、それを伝言していき、

何が正しいのか、まったくわからないウワサと化してしまうのである・・・

スポンサーリンク
レクタングル(大)