眠らせる罠に満ちている会議

どこの会社にもあるように、山のように会議があります。

配布資料を使ったものが多かったですが、

最近、PowerPoint を使ったプレゼンテーションが増えてきました。

ただし、これが、なかなかいけてない。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

部屋を暗くする

見ていてワクワクするようなプレゼンは、いいんです。

眠くなりません。


でもね、

大多数は、聞くのも辛い、

眠くなるようなものばかりなんです。


それなのに、

どうしてわざわざ部屋の照明を暗くするのでしょうか?


スライドが見えない?

そんなことありません。ちゃんと見えます。
最近のプロジェクターは、パワーも十分です。
そもそも真っ暗にしたら、

メモも何もできないですよー!


あと、せっかくプレゼンする人がいるのに、
発表している人が見えないってのは、
ちょっとかわいそすぎませんかね?

スライドが読めない

1枚のスライドに「これでもか!」ってくらい、

大量の情報が入っているスライド。

あれ、何なんでしょうか?

字が小さすぎて、まったく読めません!
あんなの、見せようとする気なしですよね。

「スライドがbusyですみませんが…」と、

あらかじめ断ってから
発表される方もおられます。
いや、それ分かってるなら、直してきてよ!

って言いたい。

こんなの、寝るに決まってますがな。
効率 、悪すぎでしょう?

スポンサーリンク
レクタングル(大)