今日の出来事:注射薬の作り方

注射薬の中には、「自己注射」と言われるタイプのがあります。

代表は、インスリン製剤でしょうか。

ほかにも、成長ホルモンの注射などもあります。

多くは自宅で患者さんが自分で使えるように、
デバイスが色々工夫されています。

スポンサーリンク
レクタングル(大)

注射薬を作るのはだれ?

ただし・・・これらのデバイスは、
逆に、医療従事者にとっては、使いにくいこともあります。

医療従事者は、
注射針をつけたシリンジを用いて、注射薬を作り、
それを患者さんに投与するのが一般的です。

でも、患者さん目線の製剤は、
メモリが付いていたり、針を使わずに薬を溶解できたり、と、
工夫されているのです。

これが、逆に、ややこしく感じるのですよ・・・

うーん・・・
ふつうに(シリンジと針とで)溶解させてー!
って思うこと、よくあります。

今回、ある血液製剤を投与しようとしました。
これ、作るの、めちゃくちゃ緊張します。

まず、説明書がすごく長いし、
所々に「要注意」とか「下線で強調」とかされているからです。

うまく作れなかった時の絶望感というか・・・

「難しすぎるぞ!!」

って思うのですよね。

患者さん目線で作られている製剤、
本当に患者さんは便利なのかなあ、と思うのでした。

(もっともっと簡単に分かりやすくしてほしい・・・)

スポンサーリンク
レクタングル(大)